読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

お客さんからの要望で、明日から4回味噌づくり教室開催。

私のご飯を食べた方が、味噌が美味しいので味噌づくりをやりたいと言ってくださり、なんと明日から4回行い、8人の方が味噌づくりをする。5kg、10kg、20kgとそれぞれまちまちだが、うれしい状況。何と言っても講師の私は2回しか味噌づくりをしてない。我ながらまったく向こう見ずの楽天的な性格。
流石に私も1年前のことで忘れているので、責任上一度味噌づくりをしておこうと大豆を一昼夜半、水に浸けて昨夜から大豆を少し煮て、今日午後ストーブに載せておいたが、まだ固かったのでさきほどガスにかけたがまだ少々固かった。

f:id:emtown:20170208190841j:plain

3kgの大豆を煮て10kgの味噌を作っておこうと思ったが、明日の参加者3人と一緒にすることにした。49市で買った中古鍋。アルミなのが悲しい。

f:id:emtown:20170208192258j:plain
こちらは6kgの大豆。しかもKさんに借りた45Lステンレス(モリブデン)の鍋。
この鍋はいい。明日の教室の方の大豆。
こういう鍋を毎月使うイベントができるようになれば、我店も繁盛店になるかも?

味噌づくり教室と言っても、いかんせん、①大豆をあらかじめ一昼夜以上水に浸す ②親指と小指でつまんでつぶれるくらいまで煮る。
この大変な作業を当日までに私がやっておくのだから、味噌づくりに来た方はまるで「女王様の味噌づくり」状態。そして昼食付。どうして私はこうも人間が甘いのか?と思うときがたまにある。
まあ、しかし無農薬の大豆、米麹、マザーソルト、回帰水を使っていただけるので有難い。じっくり、じっくり行かねば・・・。