読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

まみちゃんと理恵ちゃんに畑での癒しをいただく

私のEMらくちん農園を始めるキッカケを作ってくださったのが、山田理恵子さん。畑の真ん前の家。そして6年前に初めて当時は保育園児だった息子のゆうとくんが畑に行くと顔をいつも出してくれて元気が出た。そして今は同じ保育園児のまみちゃんも「さかきばらさん、おはようございます。」といつも声を掛けてくれる。昨朝保育園へ送って行く理恵ちゃんにまみちゃんの大根抜きをすすめたら、早速実施。
そして今朝はまみちゃんが行く前に「大根抜きをしたい。」と言って早速収穫。

f:id:emtown:20170429075112j:plain
なんとか小さいのがあって、大根抜きができた。収穫。

f:id:emtown:20170429074942j:plain
まみちゃんでも抜けそうな大根を物色中。余っていた大根の種をダメもとでずいぶん遅れて蒔いたら、思わぬいい大根が4月の終わりにちょうどいい感じで育った。これは新しい発見です。この経験を活かしてこれから時期ずらしの種まきをいろいろ試みたいものです。
そのあと、私が始めていた米ぬか播きをしたいと言ってやってくれたが、写真を撮り損ねた。その後そこへEMをかけたが、それはfacebookへライブ動画でアップした。
なんであれ、孤独な畑仕事にこんな親子が顔を出してくれるだけで、元気が出る。まさに癒しである。いいご縁に感謝です。