読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

今日、EM培養350L、超キレイ9Lを5人の方々と作った。

中国の方々は大陸的性格でゆったりとしている。今日ようやくEM培養350L、超キレイ9Lを5人の方々と作った。写真撮影のことはまったく忘れていた。
昨日連れていただいた青洲博物館に展示されていた、過去に埋められていた石仏があった場所再現されたお寺・龍興寺に連れていただいた。
まずは昨日行った昔龍興寺があったところに作られた石仏、陶器、書画などを展示してある青洲博物館。

f:id:emtown:20170102154344j:plain
青洲博物館入口。

f:id:emtown:20170102150130j:plain
ここにある石仏はすべてやさしく微笑んでいる。こんなに微笑んでいるのは日本ではなかったような気がする。

f:id:emtown:20170102150519j:plain

こういう微笑みはなにか希望を与えられる気がする。
そして復元されたお寺の龍興寺

f:id:emtown:20170103140543j:plain
正門、入り口。

f:id:emtown:20170103134957j:plain
入ってすぐに九龍。

f:id:emtown:20170103135342j:plain
正殿。

f:id:emtown:20170103135333j:plain

中国の大きな力を感じた。
そしてこの山の風景に意味がありますが、分かりますか?

  • f:id:emtown:20170103140018j:plain
    これは仏さんが寝てる顔を表しているという山です。右が頭、左が顎です。昨日の博物館にはこの写真が立てて飾ってありました。
    そしてここからさらに山(青洲の南側)に進んで、町中の壮大な感じから豊かでない山村を見ました。写真集でよく見る風景でした。ただ中国の木の重厚な机とか彫り物が木の根っこでできていることを、それを作っている地域の店に寄って知りました。値段は日本の1/10以下だと思いました。
    あとは明日書きます。