読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

水を燃やす技術!すごい!本に夢中。

倉田大嗣氏の2冊を夢中になって読んでいる。もうすぐ読み終えるが、プラスチックごみの再生に熱加工処理するものが、300℃で処理するものが触媒を使った波動処理で150℃で済み、430~460℃必要な接触分解が200~250℃で済み、しかも30~40倍の処理速さ。

f:id:emtown:20160712212543j:plain 左が2008年、右が1997年発行。

以前から存在は知っていたが、ご縁が無かった。そして倉田氏は亡くなっている。
安来市でプラスチックから灯油にするプラントで3年間実施されていた。もちろんこういう突飛な技術は必ず横やりで中止になっている。
そしてその延長で水そのものを燃やす技術を開発している。水は通常、そのまま加熱した場合、約4,300℃で熱解離して酸素と水素になるが、磁気共鳴とイオン分解の技術を用いることによって、380℃の温度で水そのものを燃やす技術。
ハッキリ言ってまったく信じがたい内容ばかり。しかし事実ならすごすぎる。
なんとか残っているものを見たいものだ。そして波動技術がこのような使い方をしていることに本当にビックリした。波動を今までただ浅く考えていた。これから少しでも追求していきたいものだ。