読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

料理は3回やればだいたいコツが分かる

またいただいた無農薬夏みかんで酵素を作ったので、ピールも作ってみた。2回目の挑戦。前回の反省と感じたことから、煮こぼしの後に砂糖を入れるとき、ちゃんと測って8割入れてみたら、干して2日目だが中まで甘くていい味になっていた。これならグラニュー糖は少しふるだけでいけそうだ。
もっとも昼食べたらいい干し具合だったが、夕方の今食べたら皮が随分固くなっていた。岡崎の方は皮まですごくやわらかく実にいい感じで作るので、今度コツを聞いてみよう。料理はどんなものでも自分で3回やってみるといろいろなコツが分かってくる。そして名人から学ばねばならないことも感じてくる。もっともどんなことでも最低3回やってみてからがスタートという感じがする。

f:id:emtown:20160430111458j:plain 昼は皿よりも網などが良いと思ったけれど、夕方は皿の方がいい感じ。なんとなく納得。時間で選択する必要あり。

f:id:emtown:20160429165324j:plain 遠赤鍋で煮た。

f:id:emtown:20160430111517j:plain 無農薬なので随分虫に食われている皮は干して風呂へ入れることにした。EM活性液と柑橘系の皮を風呂に入れるとホント幸せと言う風呂になる。