読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

増田塾の勉強に久々夜行バスの東京往復、体は疲れたが、頭とやる気はいっぱい。

以前は結構夜行バスのファンだったが、8年ぶりくらいに夜行バスの往復をした。

f:id:emtown:20170506230413j:plain

昨夜の東京駅、これは大きなブームで無駄な時間を使わなくても良いのが好きだったが、年なのだろう少々疲れが残っている感じ。
この増田塾はマーケティングの勉強で、随分いい勉強になった。ただ実行力不足の私はいつも劣等生で遅れて実行している。それでも随分思考、発想、行動が変わってきた。あと1回のみとなったが、これからどんどん実行していきたい。
今回のチラシで光っていたのが、後ろ2つのカットオープンと網戸。

f:id:emtown:20170506143338j:plain
カットは手書きの良さ、網戸は子供の手紙がすばらしい、訴える。
私もチラシを大幅割引で新規客を誘導しなければならないかと考え、私のところでは難しいのでとにかく悩んでいた。ところが前回の宿題で「うちのいい所はなんですか?」という質問を常連さんにしたときに「私にとっては無くてはならない店」「安心安全を安心して買える店」「お客さんが榊原さんの足りないところをカバーしてくれるすごい店」とか言ってくださり、安心安全をもっと堂々と前面に出したチラシでまず店の存在をアピールすべきだと考えて、ポスティング用チラシを作ってくばることにしている。
去年ならとてもポスティングなど考えられない私だったがやる気になっている。その他いろいろ気を使うようになってきた。
朝の9時半から18時まで眠くならずに勉強できるのだから、講師、内容、グループシェアすべてがすばらしい。日々変わっていく自分がうれしい。