読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

イチゴ甘酒とイチゴ酵素、手づくりを楽しむ。

久々に回帰水イチゴが売れ残ったので、冷凍しようと思ったが、イチゴ酵素を作ろうと思い、洗ってヘタを取りながら少しつまみながらイチゴみるくの代わりにイチゴ豆乳を作って食べようと思って冷蔵庫を開けたら、生まれて初めて作った米麹と3分つきご飯のおかゆで作った甘酒があったので、急遽イチゴ甘酒を作って食べてみた。

f:id:emtown:20170502204138j:plain
こんな感じで、

f:id:emtown:20170502204358j:plain
少しつぶしたらこんな感じ。これを食べた。甘酒の甘みとイチゴの甘みと酸味が混じっていい感じ。ちょっとおしゃれな喫茶店で出せば、美容と健康を兼ねた感じでなかなかご婦人層に受けそうな気がした。甘酒の季語が夏なのが納得できた。しかも薄めてないからデザートになる。当分手づくり甘酒にもハマりそう。

f:id:emtown:20170502210019j:plain
そして今西尾でイチゴの手づくり酵素をさかんに教えてみえる先生がいると耳にしたので、作ってみた。