読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

タケノコをいただき、旬の味を楽しんでいる。

Tさんから「タケノコがあるけれど食べますか?」といううれしい電話。もちろん「食べます!大歓迎!」の二つ返事。

f:id:emtown:20170421124155j:plain
これでも、すでに昼ご飯に2切れ使ったあとの写真。当分タケノコを食べ続ける。ホントまだタケノコは貴重品。Tさんは知人から誘われてバールでたくさん掘ったとのこと。そして随分みなさんに配ったそうで、肩が痛いとか言っていた。感謝、感謝です。
去年もタケノコは随分食べたが、今年もそうなるか…?旬の味を楽しめるのは幸せです。
以前手相を観てもらった時に、俵の手と言って「食いっぱぐれがない」と言っていたが、相対的に考えても結構いつも旬の物、安心安全な物、こだわりの美味い物が不思議と身近にあり、ありがたい生活をしている。素直に感謝です。
今日は、朝ふた付きの甕を二つ、梅酒を漬ける瓶を三ついただいてきて、帰ってきたらたくさんのタケノコ、そして夜はたくさんの米粉のパンをいただいた。まったく有難い生活をしている。
米粉のパンを食べてみたい方、先着3名にプレゼントします。あとは私が夜しっかり食べました。