読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

ちょっと贅沢な手づくり、昼食。もっとも夜も同じ。

作り置きの料理があるので、キクイモ、白菜、チンゲン菜、人参の野菜炒めを追加するだけで、ちょっと贅沢な昼食になった。もっとも昨日から毎回似たような感じで食べている。やはり外食よりもはるかに美味しく、食事を楽しめる。

f:id:emtown:20170206124950j:plain
私はこういう食事があっているとつくづく思う。いい素材、いい調味料に恵まれて有難い。自分で作るのでかなり粗野だが、結構いける。
日本子孫基金さんから届いた本によると外食や惣菜やコンビニ弁当は相当栄養価が大きく不足している。そういうものを食べなければならない環境の方は気の毒だと思う。後日、中身の詳細について報告します。