読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

蒲郡マックでハガキを6枚スイスイ書いた。

今日の休みも一日中車で結構しんどかった。午前中は卵の仕入れと配達。その間にミカンの配達と糖蜜30L仕入れ。そしてフオーユーさんで塩などを仕入れ。そして帰ってきて昼食後すぐ新城市へ。玄米5俵、有機大豆90kg、米麹45kgを仕入れた。さらに運のいいタイミングで帰りに蒲郡の千賀さんに寄ってEMミカンを70kg仕入れて完了。
17時過ぎだったので休憩も兼ねて蒲郡のマックへ。ここは仕切りの高いスペースがあって仕事をしやすい。マネジメントで通いだした増田塾の宿題の手紙6通がやってないので、隣のコンビニでハガキを買って6枚書いた。ハガキで代用。どうも私は外面がいいようで、こういう場面ではやる気が出て能率が凄く上がる。

f:id:emtown:20170124190528j:plain
これを家でしたら、集中力に欠けてたぶん2倍は時間がかかると思う。

f:id:emtown:20170124173755j:plain
この高い仕切りがお気に入り。豊橋の帰り、蒲郡でミカンを仕入れた帰りによく寄って、ここでいろいろ考えたり、計画したりした。
増田塾の宿題がまだたくさんある。やらねば…。学生時代は宿題はサボるのが多かったが、やらねばアホになって落ちこぼれる危機感がある。変わったものです。