読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

ブリ一匹で食事は大いに充実、今どきの女性はアラを使わない、EM活性液100倍に・・・。

49市で橋の横に出る威勢のいい魚屋さんでブリを3枚におろしてもらって、アラもくださいと注文した。そして次に買う女性二人がアラが要らないと言うので、大将とのやり取りでそれもいただいてきた。このアラを甘醤油で煮ると最高に美味いのに、実にもったいない。

f:id:emtown:20170119215304j:plain
これは夜たくさん食べた後の残りを撮った写真で、少々見栄えが悪いです。
魚を料理する時に撮っておきのコツがあります。
それは、いい水にEM活性液を50~300倍くらいに入れて、そこに魚を15分~一時間くらい浸けておくことです。魚特有のいやらしさが消えてビックリいい感じになります。これは体験でEM活性液と時間を決めてください。ほとんど問題ありません。
とにかくだまされたと思ってやってみてください。必ず私に感謝したくなります。いい水とEMの力を実感できます。
昼に一緒に食べた20代の男性は刺身とアラのスープでしたが、美味い美味いを連発で私が冗談で「これなら1,000円くらいの食事だね。」と「イヤー、とても1,000円では食べれませんよ!」と言ってまた美味い美味いを連発していた。
ぜひご家族に言わせてみてください。