読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

干物を初めて作ってみた。美味い!

49市で安い魚、名前は忘れたが買うときに「どうするといいの?」と聞いたら
「干物」。「焼くのは?」「いいよ」ということで昼に6匹塩焼きで食べて、他を産まれて初めて干物にしてみた。こういう時にネットは便利。開いて塩水13%くらいにして、真水に少し洗って干す。天邪鬼の私は6匹塩水のままで干して食べ比べをしてみた。確かに真水で洗わないのは塩辛い。洗った方が食べやすくて美味しい。

f:id:emtown:20160904180858j:plain

夕食で4匹食べ始めて、あっと思い残りをカメラでパチリ。
この手づくり干物はクセになりそう。
こんなに簡単でこんなに美味いとは知らなかった。確かに添加物ゴテゴテのものをあえて食べる必要はない。地の値打ちな魚で干物を作ることをこれからいろいろ試してみようと思う。