読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

萬惣さんでお茶会・一店逸品研究会は感動ものだった。

今月の一店逸品研究会は特別に萬惣さんを訪問で、そこでお茶会と言う実に非日常的なうれしい会。

f:id:emtown:20160818195926j:plain

染・着物手づくり・お茶会などまさに西尾に一番必要な文化を実践している萬惣さんのお茶席で一服。

f:id:emtown:20160818194934j:plain

初めに饅頭を懐紙にとっていただく。もうこれからみなさん初めての体験。もちろんご存知の方もいます。

f:id:emtown:20160818193907j:plain

正客に煙草盆が出るのは知らなかった。ビックリ。流石日本は男性上位だった社会。

f:id:emtown:20160818194350j:plain
奥様のお点前。

f:id:emtown:20160818200756j:plain

いろいろ萬惣さんが語って教えていただきました。それにこういう場での立ち振る舞いが流石と感じました。完全に今の日本社会で受け継がれていない伝統・文化。
この年になって少し見えてきた。

f:id:emtown:20160818192718j:plain

染からできる本格本物着物が市価の半額でできると言う、しかも自在に希望通りにできるところはまず無いようだ。すごい店が西尾にあるものだ。

前から感じていたが、ここで本格的なお嬢様の作法・振る舞い・和の心を教える「本物のお嬢様を育てる講座」をやったら相当いい値段でも流行りそうな気がする。もちろん本格お茶会に出す料理はEM素材の農産物でいい調味料といい水が必須になりますが…。