読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

でかキュウリの甘酢づけで残暑を乗り切る!

先日、畑の草刈りをしたら草の中から地這いキュウリが3つもでかくなっていた。
先ほどようやく1本を甘酢づけにした。2週前も2本甘酢づけにした。それが結構いけるので、今回も作った。

f:id:emtown:20160817222916j:plain

こんな感じで、ワカメとシラスを入れます。
では、レシピを

f:id:emtown:20160817223031j:plain
こんなお化け瓜の皮をむきます。

f:id:emtown:20160817220748j:plain
そして、適当な大きさに切ってマザーソルトでもんで、しばらくおいてから絞って、塩がきついから、絞ってからいい水で少し洗ってしぼります。

f:id:emtown:20160817222818j:plain

醸造酢+濃口醤油+マザーシロップで甘酢を作っておき、そこへキュウリとワカメとシラスを適量で入れて、下のようにできあがり。

f:id:emtown:20160817222916j:plain

夏バテにいいですよ。特にこのキュウリは熱海の自然農法の本家で買った無農薬の苗をもちろんEM無農薬で自由奔放に育てたキュウリだから、とても捨てられない。貴重品です。