読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

朝、目覚めた時、エネルギーの復活を感じた!

夏バテなのか、寝不足なのかよく分からないが、なんとなく1か月半ほど妙に疲れがある感じで、前向きな仕事ができなかった。本を読んだり、学びに行ったりはできても、そこから発展して創作をする気になれなかった。
しかし今朝ようやく「あっ!元気!」と言う感じで目覚めた。うれしい。疲れているとついついいろいろ後回しにして、なにかと怠けてしまう。
おかげさまで、考えなくてはならない案件が一気に二つできた。
去年の今頃は「マンガ冊子制作」で結構大変だった。今年の持続化補助金で店の前にガラス戸を設けて、そこに宣伝POPを付けることになっているが、その内容をどうしようか閃かなかったが、原点に返ってマンガ冊子の活用で、一気に進んだ。いつものように素案だけで具体的には丸投げだが、一つ道が開けた感じでうれしい。
POPの内容はこれとは違うが去年のマンガ冊子の表紙と裏表紙をここには載せます。

f:id:emtown:20160816225617j:plain

f:id:emtown:20160816225636j:plain

これは本当に私の財産になっている。近いうちに改訂版を出そうと思っている。