読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

コンパニオンプランツは根をからませる!

今日の午後2時半から夕方までらくちんEM農園で過ごした。自然農法で学んだネギとトマトのコンパニオンプランツで根を絡ませて植えた。写真で説明します。

①まず穴を掘る。

f:id:emtown:20160426165008j:plain これは普通。

②ネギの根を広げて穴に敷いて斜めに植える。

f:id:emtown:20160426165021j:plain 根っこを広げて穴に敷いてしまう。これは今まで考えたこともなかった。

③根の上にトマトのポットをのせて植える。

f:id:emtown:20160426165121j:plain ここがポイント。根っこを絡ませます。

f:id:emtown:20160426165201j:plain そして完了。
(なぜか①②③の写真は逆になり、これだけ正常になった。不思議?)

果たしてどうなるか?コンパニオンプランツは虫よけのための方法です。MOAの自然農法のスタッフの方は10月11月も収穫できたと言っていたので、できるかどうか楽しみ。

トマトなので肥料の入っていないところを考えたら、キクイモや草の残渣を少々積んであったところを避けて植えてみた。穴を掘った時に実にやわらかくいい感じの土だった。これも一つの発見。
また、今日は久々に裸足で畑をしたが、クローバーの群生の所はすごく水っぽくてビックリ。この二つで草マルチの有効なことを実感した。