読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体の中から真の美しさを実現したい方を応援する、愛知県・西尾市の健康・環境・EMのエコShop「コスモEMタウン」店長が20年以上の経験から自分も若返った秘訣・体験を気ままに披露します。

46歳までニキビの痕がボコボコだった榊原店長が快適・健康・美味しいを求めて実践したら、なんとビックリきれいに、おまけに若返り!最近よく20代30代の方に「どうして肌がきれいなんですか?」と聞かれて、浮かれているチョイ悪オヤジ願望の実践記です。

岡崎の柿をつくる農園さんがEM導入

豊橋技術科学大学でのアグリフェアで出会った岡崎のKさんが夫婦でみえて、EM1号を5本と糖蜜を買って行かれた。産直で他の方がEM栽培と表示して見事な柿を出していたので、それでチャレンジする気になったとのこと。うれしい話。

f:id:emtown:20150220160114j:plain 1L 2,160円

葉面散布したり、肥料に追加すると元気になり、均一で甘く味わい深い美味しい味になる。秋が楽しみになった。
今年になって農業者の方の反応が随分変わってきたことを感じる。時代と天候不順が追い風なのだろうか?
本人は美味しく立派なものを栽培するつもりでEMを活用しても、結果的にそこから流れる水が川をきれいにし、空気もさわやかになるからうれしくなる。さらに本人も知らずに元気になる。きっと農薬散布の後とEM散布の後の体調の違いを感じられると思う。これも楽しみ。